芸術工芸祭  芸術ってなんじゃ大賞

 ぐうですぐうでは、地域の障害のある人たちの芸術工芸活動を広く紹介し活性化することを目的として、2014年より芸術工芸祭「芸術ってなんじゃ大賞」を開催しています。 毎年、山口県内の障害者の方々から、多くの自由で創造性あふれる作品が寄せられます。作品は、芸術工芸祭当日の展示の他、受賞作品については、ぐうですCAFE、西川医院(西岐波)、中央病院、山口県庁に一部を展示しています(2019年12月まで)。

芸術工芸祭2019 第6回芸術ってなんじゃ大賞 受賞作品


  

 

 なんじゃ大賞(金賞) 

 

 脇田 朱実 さん 

「りんごを持っているぞう」

 

 私は、絵を描くのが大好きです。

 この作品は、ぞうを大きく描くことが出来ました。

 これからも、楽しんで絵を描きたいと思います。


 

こりゃ賞(銀賞)

 

 冨賀 京介 さん 

 「スーパーマリオ オデッセイのなかまたち」

 

 ぼくは、スーパーマリオ・オデッセイが大好きです。

 だから、つくりました。

 モールをくるくるまわしてつくったので、体がうごきます。


  

 

あちゃー賞(銅賞)

 

げんき さん

「桃」


 

 

 

 

 

西川テレサ賞(特別賞)

 

 大谷 春樹 さん 

 「僕、1位になったよ!」

 

 

 


 

 

 

 

  林 隆 賞(特別賞) 

 

 永井 未来人 さん 

「ヨーォッ!」

 

かぶきやくしゃをみて、かっこよかったからかきました。

いろぬりをくふうしました。


 

 

 

陽は昇る賞(佳作)

 

島田 雅子 さん

「俺のメガネはどこやった」

 

 

自分のメガネをさがしている父。

 

 

陽は昇る賞(佳作)

 

佐々木 柊士 さん

「大好きなトーマス」

 

ぼくは、トーマスが大好きです。

毎日描いていたら、こんなに上手になりました。

いつか、本物に会いに行きます。

 

 

 

 

陽は昇る賞(佳作)

 

藤井 優香 さん

「りくとうみのふうけいと うみとりくのどうぶつ」

 

どうぶつをかいていると、どんどんペンが動きます。

 

あっという間に、動物であふれてしまいます。

 

 

 

陽は昇る賞(佳作)

 

かい さん

「プロペラ」

 

とみなが皮ふ科のかんばんの上で、

まわっているプロペラをみる。

まわっているのが、うれしいです。

 

 

 

陽は昇る賞(佳作)

 

原田 克文 さん

「めちゃイケプロレス (男子 対 女子)」

 

 

 ウフフ、私のワザ、外してごらん。

外せないでしょう。

どう。

過去の受賞作品